卓球王国10月号を読んでみた

スポンサーリンク

kuriboです。

 

今月も卓球王国が発売されましたね。

 

卓球王国 2017年 10 月号 [雑誌]

卓球王国 2017年 10 月号 [雑誌]

 

 

 

 

僕が気になった特集は3つです。

 

  • 上田仁のHQフォアドライブ
  • 樊 振東の独占インタビューと最強の得点術
  • 卓球で飯を食う

これらです。

 

 

上田仁のHQフォアドライブ

ここで言われているポイントは、バックスイングの際には手首を開き振り終わった後にラケットの面は内側を向いているということでした。

 

要するに、ドライブを打つときにはラケットの面は外側に向けてねってことですね。こうすることで手首を効かせることができ、より強い回転をかけれるってことです。

 

しかし、手首を効かせるだけでかけれる回転はたかが知れていて、これを生かすために必要になるのが、「ボールをつかう感覚」です。

 

上田選手自身、昔はインパクトでボールをつかむ感覚が乏しく、力任せのスイングでドライブに威力を出そうとしていたそうです。

 

でも卓球は筋力よりも、圧倒的なボールタッチが勝ります。

 

なので、ボールをつかむ感覚というのが非常に重要になるそうです。

 

 

ボールをつかむ感覚を習得しやすいラバーとしておすすめなのがこちらです。

 

 

 

super.kuribo.club

 このラバーについてはこの記事で軽く触れています。

 

みなさんもこする感覚を養いましょう。

 

 

 

 

樊 振東のインタビュー記事と技術特集

樊 振東の強いポイントは3つ。

  1. フォア前YGサービスでレシーブを縛る
  2. 低い重心をキープして前陣を支配する
  3. 多彩なバックハンドで得点を狙う

フォア前YGサービスでレシーブを縛る

YGサービスをフォア前に出されてしまうとレシーブが限られてしまいます。

 

ストップも難しい上に、チキータするとしてもかなりフォア前によらなければなりません。

 

よってフリックやツッツキに限られます。ここから得点パターンを構築するわけです。

 

 

低い重心をキープして前陣を支配する

樊 振東の試合動画を見ると、めちゃくちゃ腰が低いです。重心が低いとも言えますが、他の選手と比べるとめちゃくちゃ低いです。

 

羨ましくなるくらいの足腰です。

 

鍛え上げられた強靭な足腰のおかげで、プレー中も弧線の低いドライブを連発することができているのだと思います。

 

 

多彩なバックハンドで得点を狙う

樊 振東は、チキータが多彩な上、ラリー中のバックハンドも光ります。

 

実際バックハンドで早い打点で打てれば、それはフォアドライブを連打されるよりも嫌だと思います。

 

ボールタッチの繊細さも要求されますが、習得できれば武器になります。

 

インタビュー記事

 

 

インタビューの内容は、この試合をネタに始まります。

 

フルセット10-10から馬龍に2点先取されて負けました。この2点の差はいったいなんだったのかというのがメインのお話になります。

 

 

卓球で飯を食う

今回はメーカー就職の話になります。

 

卓球メーカーはどれくらいあるのか?就職するとしたらどういうルートがあるのかというのがメインの話になります。

 

卓球メーカーは、全国大会経験者などの卓球経験者が優遇されるイメージがありますが、実際は卓球未経験の方なども働いているそうです。

 

でもそういう人って、きっと卓球メーカーに就職したかったわけじゃないと思うんですよね。それくらいなら僕が就職したいくらいだぜ。

 

卓球メーカーはインターンシップなどはおおっぴらには行わないので、求人がでるまで耐えるしかないですね。

 

 

 

 

おまけ

インターハイの結果特集などをみると、女子選手はカットマンや粒使いが多いです。やはり女子の方はプラボールになっても戦い方は変わらないんですね。

 

体格がよくなくても用具次第では十分戦えるということを証明しています。

 

日本のトップで活躍する伊藤美誠選手も小柄ながら、つい先日のワールドツアーで優勝しました。

それにはバックの表ソフトが一役買っていると思います。

 

f:id:superkuribo:20170312135524j:plain

 

これからもミウミマ対決は激化しそうです。

 

 

終わりに

卓球王国って本当にネタが尽きませんよね。技術特集などが進化していくのはわかりますが、DVD関連のものはもう出尽くしてる感がありますね。

 

最近は小学生も世界で活躍しているみたいなので、そのあたりの特集は面白そうです。

 

ではまた来月。

 

 

 

卓球王国 2017年 10 月号 [雑誌]

卓球王国 2017年 10 月号 [雑誌]