丹羽孝希を支える最強のギア!V>15 Extra!

スポンサードリンク

f:id:superkuribo:20180520205807j:plain 今回は、今話題のVICTASさんの看板ラバーV>15(後述15)の紹介をします!

 

VICTAS HPより引用

 

 

 

 

 

V>15Extraとは?

さてさて、つい最近「ヤマト卓球株式会社」から「株式会社VICTAS」に社名が変わりましたね。これまではTSPをメインに置いていましたが、社名がそのままブランド名になったので、これからはなお一層VICTASブランドが成長していくと思われます。TSPと聞くと、「幅広い年代に対応できる商品ラインナップを展開している」というイメージでした。しかし、VICTASはどうでしょうか?カタログやらHPを見てもらえればわかりますが、プロもしくは上級者を相手に見据えた商品ラインナップです。

 

その象徴とも言えるのがこの15です。

 

 

 

発売当時はまだ静かな印象でしたが、丹羽孝希選手がバラフライからVICTASに移って来て、15を使うようになってから一気に人気がでました。丹羽孝希選手は使い始めてすぐには結果が伸び悩んだものの、使えば使うほど馴染んでくるらしく、アジアチャンピオンシップ2017の大会では大活躍していましたよね。

丹羽孝希選手が許 昕選手に勝利したこの試合はみなさま覚えていますでしょうか?カウンターがめちゃくちゃ冴えていました。ブロックのコースも良く、15を使いこなしていました。

 

ここまでは、丹羽孝希選手が15を使ったことで劇的に強くなったことをお伝えしました。

次は性能面へ。

 

 

コンセプトは相手の強烈なスピンに負けないシート。相手の強烈なスピンに対しカウンタードライブでも自分がイメージした場所にコントロール出来る弾力性に優れたシートを実現しました。攻撃では最新の力強いスポンジが繰り出すパワーで攻守のバランスが良いラバーに仕上がっている。V>15Limberに比べてスポンジ硬度が硬く、より威力と回転で高い性能を発揮します。 VICTAS HPより引用

商品説明にはこう書かれていました。これを見ると、本当に丹羽孝希選手が使うことを想定して作られたのではないかと思いたくなりますね笑

しかし、両面テナジーで戦ってきた丹羽孝希選手が、いまや両面15なわけですから、テナジーをしのぐ性能を秘めていると言っても過言ではないでしょう。VICTASは恐ろしいラバーをぶっこんで来たものです。

 

 

パワー型の選手におすすめ!

管理人は、このラバーはパワー型の選手におすすめします。

 

なぜならば、このラバーはシートも硬く、スポンジもかっちかちだからです。決して初心者が使いこなせるようなラバーではありません。適材適所という言葉があるように、これは初心者向けのラバーではなく、上級者向けのラバーです。

 

「卓球始めたばかりだよ!」という人にはこちらをおすすめします。

初心者向けではありますが、基礎技術を覚えてからもじゅうぶんに使い続けられるラバーです。

 

さて話を戻しますが、15はシートもスポンジも硬いラバーなので、スイングスピードがある人にしか使いこなせないでしょう。もしくはボールタッチの感覚が凄まじい人か。「俺には無理か・・」と思う必要はありません。メーカーさんの看板ラバーなんてどこもある程度のスイングスピードを要求して来ます。それに、今スイングスピードがないのであれば、15を使ってつければいいだけの話です。使い込めば馴染んでくるラバーなので。