Markdownに挑戦してみた

スポンサードリンク

kuriboです。

今回は、はじめてのMarkdownに挑戦してみました。僕は見出しとかは手動で設定していましたが、果たしてMarkdownの使い勝手やいかに。

Markdownの良いところ

箇条書きで書いてみる。

  • キーボード操作だけである程度書ける
  • リアルタイムプレビューが嬉しい

あ、使いはじめじゃこのくらいしかわからない。正直、半角スペース空けたりとか以外に面倒。でもやはりやはりリアルタイムでそうなっているのか確認できるのはすごい。今まではいちいちプレビューボタン押さなきゃいけなかったからね。

真ん中 真ん中 真ん中
column column column

なるほどね。表もコピペを駆使すれば作りやすいかも。
              

わお、カエレバリンクはそのまま挿入できた。   

改行いっぱい入れたい時のやり方がわからん。

f:id:superkuribo:20161231213713j:plain

画像は今まで通り選べばいいだけ。

実用的かどうか

実用的かとかいう前に、もう時代がそういう流れになっているんだから使うしかないよね。いくら今までの見出しをいちいち手動で選択するやり方がよくても、Markdownの方が早いのは目に見えていること。  

記事の執筆スピードをあげるならばもうこれしかない。早く慣れたい。