カットを切るにはスイングスピードが一番だと最近知った

スポンサーリンク

kuriboです。

僕は卓球ではカットマンなんですけど、最近やっとカットが切れました。いや、切れたと言っても5球に1球くらいの割合です。



cut


でもとりあえずカットを切るコツみたいなのは掴めたと思います。





カットが切れない人の特徴



とりあえずめっちゃ早くラケットを振ります。
カットを始める時って、きっと初めての人はボールをぶっ飛ばしちゃうかネットに届かないっていうパターンが多いと思います。

カットの力加減って本当に難しいので、みんな徐々に慎重に振ろうとするんですよね。そして最終的にはスイングがゆっくりになり、ナックルカットしかできなくなってしまう。

まとめると、

  1. カットオーバーしたくない
  2. ゆっくり振れば大丈夫じゃない!?
  3. お!入った!!
  4. あれ切れない・・

っていう流れです。


こうやって「カットが切れない人」が生まれていくんだと思っています。


カットマンは慎重になってはいけない


基本的にカットマンはミスらないっていう風潮があるため、カットマン自身も「ミスってはいけない・・ミスってはいけない・・」と自分にプレッシャーをかけていると思います。

でもこんな考え方では、カットが切れない以前にカットマンらしいプレーをすることもままならないと思います。

だってうまいカットマンってどういうボールを打ってますか?「ミスらないように・・」って考えながら打っていると思いますか?





これは今話題になっている小塩選手という小学6年生カットマンです。この子のカットってすごく強気じゃないですか?

体格が小さいのもあるのかもしれませんが、ラケットをぶん回してますよね。まるでミスることを恐れていないようなプレーをしています。だからこそツッツキも切れるし相手にプレッシャーを与えられるんだと思います。




大切なのはスイングスピード



とにかく、恐れずラケットを早く振ることが重要です。
確かに早く振ればオーバーするリスクもありますが、そんなことを言っていてはいつになっても上級カットマンにはなれないでしょう。

「オーバーしてもいいよ」くらいの気持ちエッジすれすれの鋭いカットを打つ要因だと思います。


だから、カットが切れないと悩んでいるそこのあなたはとにかくラケットを早く振ってみましょう。そうすれば新しい感覚に気づくことができると思います。いやいやまじで、ラバーとかラケットのせいじゃないです。あなたの腕の問題です。

さんざん「切れないから違うラバー使お」と過ちを犯してきた僕が言うんだから本当です。








スイングスピードさえあればこの粒高で無双できるぞ??
カールはいいぞ



★即納/あす楽★■卓球ラバー DM便送料無料■◆TIBHAR◆ティバー 4530234 Grass D.TecS グラスディーテックス/グラスDテクス 恐怖のデスカットが炸裂!【卓球用品】粒高ラバー/卓球/ラバー/ラバ-【RCP】
★即納/あす楽★■卓球ラバー DM便送料無料■◆TIBHAR◆ティバー 4530234 Grass D.TecS グラスディーテックス/グラスDテクス 恐怖のデスカットが炸裂!【卓球用品】粒高ラバー/卓球/ラバー/ラバ-【RCP】

WRMで有名なこいつだって扱えちゃうかも!?



とにかくカットを切るにはスイングスピードが命です。切れない切れない言ってる人は今すぐ試そう!!



カットが切れ始めたら・・・


カットマンの戦い方を知りましょう。


これを読めば中国式のカットマンの戦い方がわかります。カットマンに限らず、中国選手の強さの秘密を知ることができるので、おすすめの書籍です。





そして話は変わりますが、韓国のカットマン「徐 孝元」って知ってますか?この記事の冒頭の画像の人なんですけども・・




cut2

良い体してますね・・

ユニフォームの上からだとわからないですけど、脱ぐと以外に・・っていう選手は多そうですねww

探すと色々でてくるのでぜひ!