匿名ブログの楽しさは「なんでも書けること」

スポンサーリンク

kuriboです。


僕はこのブログは、一応「匿名」でやっています。とりあえず僕は今現在3つのブログを稼働させていますが、どれも本名は晒していません。ってか2つは確定で「匿名」です。


僕が「匿名」でブログをやる理由

それはですね、色々楽だからですよ。

匿名だから身バレしない程度なら何書いても良いわけじゃないですか。

だから日本の女子卓球選手はどうしてムチムチ系なのだろうか?みたいな記事も書けます。実際に本名でやってるブログでこんな記事を書く勇気はないですww

でもこういう記事を書くのはすごく楽しいです。自分の欲求をブログにぶつけられているので、ノッテ書けますしきっと読んでくれる人も楽しいはず。


際どい画像ばかり選んでますけど、別に18禁の画像っていうことではないので、忠告を受けることもないでしょう。


書きたいことを遠慮なく書けるっていうのはストレスフリーで楽しいですよ。

例えば、実際の友達が読むかもしれないような記事で、「うわこれ書きたいけど書いたら引かれるかも・・」っていうのが必ずあります。なので実際にそれを書いたら引かれるので書きません。

でもそういう人に引かれるかもしれないっていう部分が決まって面白かったりするので、本当は書いたほうがいいんですよね。

僕にはその勇気がないので、そういうネタは匿名ブログの方で書きます。



「匿名」でやるデメリット



デメリットっていうか注意点ですね。


実際の友達に見られてやばいようなことも書くわけなので、絶対にバレちゃいけないんですよ。例えばツイッターのアカウントを間違えた状態で更新ツイートしちゃうとか。

僕は以前これをやっちゃったので、ブログを閉鎖しました。

ドメインパワーがついて来てアクセス数も増えて来たあたりだったんですけど、やむなく閉鎖・・

これすごく悲しいので気をつけたほうがいいです。



あとは、人前で記事が書けなくなります。

大学とかいると、「今何してんの〜」とパソコンをのぞいてくる輩がいます。これはまじでクソ野郎です。

執筆中は画面に情報が多いので、覗かれただけでブログを特定される可能性があります。それだけは避けなければなりません。






こういうのつけたほうがいいかも。



匿名で成功したい

果たしてこれは可能なのだろうか。

実際にブログで稼げて有名になっている人たちはみんな実名を晒してる。もはや名前が一つのブランドになっていると言っても過言ではないくらい。

僕もniというブランドで勝負できるのだろうか。

まあ、こんな思いつきの名前で成功できるほど甘くはないか。

記事を書き続けるのみです。