To LOVEるダークネスって漫画はどうしてこうそそられてしまうのか

スポンサーリンク

94記事目です。

 

どうも、KURIBO(@nahanai_com)です。

KURIBOCOM”に足を運んでいただいてありがとうございます。

 

男ならば誰しも読んだことのあるであろうTo LOVEる

 

 みんな何回抜いた?

 さて、タイトル通りトラブルという漫画にどうしてこうそそられてしまうのか

 

To LOVEるっていちいちタイプするの面倒だからトラブルでいくぜ

 

さて、どうしてこうそそられるのか

 

 

キャラが可愛くてエロい

 

表紙の表紙のカラー版が最高なんですよね 

 

特にキャラの露出が少なくても、なんかエロい

 

そうエロい

 

そしてかわいい

 

やばい、これしか言えない

 

本当は僕の秘蔵トラブル画集を公開したいけど、それはさすがにやばい気がする

 

卓球選手の画像なんて、所詮はみんなTwitterで無断で使ってるし、何よりテレビでも放映されるもんだから簡単に手に入れられる

 

でも、マンガの中身って本当は漫画を買わなきゃ見られないもんじゃん?

 

だから使いたくないわけよ

 

だから見たい人は1冊でもいいから買ってみて

 

僕はトラブルダークネスの方がおすすめ

 

なんでかっていうと、トラブルダークネスのほうがキャラ多いし話の展開もドキドキする

 

トラブルはどっちかっていうと1話完結の話が多かったからね

 

だからなんていうのかな

 

トラブルダークネスの方がストーリー性があるよね

 

 

 

みんな大好きヤミちゃんが主体のストーリーだしね

 

 

ってか僕は10巻までは実際に買って読んでたけど、ストーリーばっかりっていうのもエロシーンが減ってつまらなくなるのも確か

 

シリアスシーンが増えちゃうんだよね

 

トラブルを読む人は、きっと純粋にストーリーを楽しみたい人と、エロを楽しみたいっていう二面があるよね

 

僕は圧倒的後者だけども、前者の人はトラブルダークネスをおすすめします

 

ダークネス(キャラ名)とヤミちゃんが絡み合う(変な意味ではない)ストーリーはなかなかです

 

エロ目的の人は漫画全巻即買いをすすめるけど、こっちもおすすめ

 

 画集だね

 

これでヌキヌキしてくれよ

 

さいなら

 

 

スポンサーリンク